指定オプション業者以外でも揃えられます

新築のマンションを購入しますとインテリアオプション販売会開催の案内と共に
厚い小冊子がお手元に届くと思います。
それらを拝見すると購入したお部屋に大変魅力的なインテリア商品が勢ぞろいしています。
あれも、これも、欲しくなるような商品ばかりです。
気が付くと見積り金額も数百万円なんてざらです。
その価格、よく見てみると内容も曖昧で高額な商品が多いと思います。
その商品また、価格果たして妥当なんでしょうか?
初めて検討する商品も多く皆さんは妥協かどうかの判断が難しいものばかりですね。
概ねこういった類のカタログには良い事しか掲載していません。
また個々の生活パターンにより必要なものとそうでないものもあるはずです。
でもインテリアオプション商品は指定業者からしか購入できないの?
そう思っていらっしゃる方が大勢おりますが実は外部の業者さんからも当然購入できます。
(勘違いされていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます)
皆さんでも判断できる商品と言えばエアコンや照明器具、カーテンなどはお察しの通り
外部の一般店でも購入できますね。
インテリアオプション会で購入するメリットと言えば鍵の引き渡し前に納品してくれる事くらいです。
概ね外部業者さんの方が品揃えも多く、価格だって安価になると思います。
その他の商品でエコカラットやバルコニータイル、フロアコーティングなどは如何でしょうか。
こちらも当然外部業者さんからも購入できます。
フロアコーティング以外のエコカラットやバルコニータイルは発売メーカーからの商品ですので
どこで購入しても素材自体は同様の商品です。
しかし、フロアコーティングも含め施工する商品ですので職人さんの腕前や施工を監理するスタッフの
技量により仕上がり大きく左右されます。
概ねオプション会の工事は沢山の工事を一斉に同日に施工する関係上、施工監理者は施工時に付きません。
職人が単独で住戸内へ入り自由に施工します。(職人のやりやすいように短時間に完了させます)
上記の事から早い仕事はしますが丁寧且つ綺麗にと言う概念は一切ありません。
外部業者で良くあるケースは激安店など安価を売りにしている業者さんは無駄を省きますので
施工の監理スタッフは常駐いたしません。職人だけが現地へ派遣されます。
こちらも職人対素人のお客様だけの現場になりますので仕上がりに期待はできません。
インテリアオプション商品に関わらず工事(施工)商品は職人と現場監理人の2人でワンセットです。
監理スタッフは綺麗に、丁寧に施工するように職人へ指示を出します。
イレギュラーな事が起きれば双方でベストな選択を判断して施工を行います。(プロ対プロの仕事です)
オーダー家具の食器棚はキッチンと素材を合わせたものが希望なのでこちらはやはりオプション会でないと
購入はできないですよね?
いいえ、こちらも外部業者さんでも製作施工が概ね可能です。
分譲マンションの場合はキッチンメーカーさんのオリジナル素材は使用いたしません。
個々のコーディネーターさんが一般化粧面材よりセレクトしているので一般の家具工場でも
同様素材を入手して製作ができます。
むしろ外部業者さんの方が良いものを製作できますね。
こちらの理由はオプション会は一斉販売、一斉納品と言った流れ作業によるものですので
個別にプランニングを行う事はほとんどありません。
オーダーメイド製作を仰りながら実働セミオーダーのようなセレクトプランになっています。
本当はオーダーメイドで製作しますので内部構成などはお客様に合った構成が実現できる
素晴らしい家具なんです。
以上の事から打ち合わせが面倒、工事の立会が面倒と仰る方以外は特にオプション会で購入する
メリットは無いのです。
安価且つ、クォリティの高い商品をお求めになりたい方は是非外部業者さんでご検討ください。
但し、注意点もあります。
外部業者さんが全てオプション会業者さんよりも優れている保証はありません。
ウェブサイトで会社の方針や実績等を考慮し実際に打ち合わせをしたり見積りを取ったりして
良くお考えの上ご購入ください。
これから購入をご検討される方は是非一度、
マンションインテリアの専門ウェブショップマンションオプション.comをご覧ください。

最近の住宅では換気設備も整ってますが

平成15年の7月にシックハウス対策のため建築基準法が改正され換気設備も義務付けられましたが、換気はそれだけで十分でしょうか?

内装仕上げ材はホルムアルデヒドを発散する資材については制限がされましたがシックハウス対策には家具や防虫剤、化粧品、タバコなども化学物質の発生源になりますので、これらも十分注意が必要です。

より多くの換気をするには窓や玄関のドアを開けることが望ましいです。窓1ヶ所だけを開けても風の通り道が出来なければ風を通すことができません。対角線上に開けることにより効果的な自然換気を行うことが出来ます。一番いいのは玄関とベランダのサッシを開けることです。

ここで問題になるのが玄関の開放ですがベランダ側などは網戸が始めっから付いているので虫の侵入は避ける事が出来ますが玄関に網戸が標準で付いていることはまずありえません。市販の玄関用の網戸などを取り付ければ良いのですが玄関を開けっ放しにすることに対してはやはり防犯上のことも気になります。

最近では施錠も出来て安心なドアタイプの玄関網戸もあります。価格はホームセンター等で売ってるものより、かなり高くはなりますが耐久性や見た目などからいうと本格的な玄関網戸のほうが長期的にも使えておすすめです。

こんな素敵な玄関網戸ですが有名なのはクールドアです。クールドアなら鍵はもちろん掛けることが出来き頑丈なアルミサッシですし、ルーバーが付いて外からの視線もカットしてくれます。

自然換気をすることにより夏などはエアコンの使用量を減らしたりと節電の効果もあります。また自然の風で「涼」を楽しむということは健康的でもあります。ぜひとも室内の換気には備え付けられた換気設備だけではなく自然換気を利用して下さい。

クールドアをお探しでしたら玄関網戸専門店ライフサービスのサイトを一度ご覧下さい。

オーダー食器棚関連フロアコーティング関連バルコニータイル関連玄関網戸関連